読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なかいちの偏見ブログ

好きな食べ物はコンビニで買える物です

アマチュアバンドマンの言う"激アツ"って?

どうもみなさんこんにちはこんばんは

脳内で人を殺しすぎて

もしかしたら自分は超一流のアサシン(殺し屋)なのかもしれない

と思い込み始めたなかいちです。

 

人間は生きていく上で多種多様な人間と出会います

そんな中にはアマチュアバンドマン(レーベルや事務所に所属していない)と呼ばれる夢見る子羊達がいる方も少なくないと思います

 

今日お話しするのはそんなアマチュアバンドマンが、イベントに誘う際にこぞって口にする

 

"このイベントは激アツだから"

 

について独自の偏見から口を垂れ、最終

 

誘う側はこうすべき!

誘われる側はこうすべき!

 

というライフハックに落とし込みたいと思います

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(ここから少し回想に入ります)

 

私は社会人2年目のサラリーマン

私自身元バンドマンで友人はバンドマンばかり

そんな私に届いた一通のメッセージのお話です

私がいつもどうり会社で仕事をしていると、馴染みの友人からこんなメッセージが届きました

 

「今度Club◯◯でイベントするから来てよ!この日はマジで"激アツ"やで!!」

 

と一文とイベントフライヤーのJPEGだけが送られて来ました

 

はっきり言って私は

憤慨しました

あまりの怒りに海は枯れ山は崩れ生きとし生けるもの全てを根絶やしにしまし(脳内で)

 

もちろんそのイベントには行きませんでしたが

肝の小さい私は、やんわり断りました

トホホ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

はい、誇張して書きすぎた気がしますが私の実体験です。

 

さてここからは某番組のよにいちいち立説して話して行きたいと思います。

 

バンドマン宣伝メッセージ送る事に夢中で内容スカスカ説

 

マチュアバンドマンのLiveでの最優先事項それは

"集客"

より多くの客を呼びチケットノルマをを達成する事がバンド内での金銭トラブルやストレスモチベーション低下などを避けるとても大事な案件です

 

しかし昨今のアマチュアバンドマンはそれを軽視し、その日の出演バンドの見たこともないようなロゴが入ったフライヤーと"激アツ"って言葉をセットにして送るだけで集客業務を遂行したと思っているようです

 

バンドマンの言う"激アツ"片思い説

はい、来ました、長かったですね

前置き超疲れました。

これですこれが言いたいんです

 

バンドマン側は何をもって激アツ"なのか

そしてそれを聞かされて客はどう思っているのか

めんどくさいんですぱすぱすぱっと言っちゃいます

 

界隈で有名なバンドが出る

(以下 "バ"はバンドマン "客")

 

バ「激アツ激アツ激アツ!!この日は有名な◯◯が出るから激アツ!

 

客「◯◯って誰?」

 

バ「ほらあの◯◯ってバンドの主催にも呼ばれる◯◯ってバンドやで!!」

 

客「どっちも知らへんわ」

 

バ「で、でもとりあえず激アツやで!」

 

客「まずジャンルもイマイチわからへんのに、激アツかどうかなんてわからなくない?」

 

バ「激ア…」

 

客「人にはそれぞれ、感性と好みがあるし君の言う激アツって人によって変わるやろ?」

 

バ「でも…」

 

客「それにぶっちゃけ君のバンドの事もよく知らんし、音源は聞いたけどさほど良くもないし」

 

バ「…」

 

客「まぁ最終何が言いたいかって言うと"まず客の趣味嗜好を理解してそこに自分のイベントが激アツに当てはまるなら誘う"

 

バ「」

 

客「もしくは"相手のあまり開拓されてないジャンルだったとするならまずは音源なんかを送ってこんなバンドでこんな趣向のイベントなんやけど興味ない?から始めるべき"やとお、ぐはぁ!」

 

バ「うっせえんだよこの野郎!」

 

客「な、馬鹿やめ…」

 

バ「ガタガタガタガタ言いやがって金を払わねぇ消費者気取りのクレーマーが溢れかえってるからこうやって躍起になって集客してんだろうが!!」

 

客「す、すま、言い過ぎ…(ガク」

 

dead end

 

continue?

YES👈・NO

 

Nowloading…

 

バ「激アツ激アツ激アツ!!この日は有名な◯◯が出るから激アツ!」

 

客「…行けたら行くわ」

 

happy end♡

 

結論

 

「行けたら行く」最強

 

 

適当すぎて恥ずかしいからシェアしないで